弁護士費用とは何か基本を解説!

弁護士費用とは 法律
弁護士費用とは

弁護士費用とは

弁護士費用とは、弁護士に法的トラブルについて相談や委任をするときにかかる費用のことです。

弁護士費用の種類

弁護士費用は、相談料の他、着手金と報酬金、実費・日当から構成されます

日本弁護士連合会:弁護士費用(報酬)とは
弁護士報酬は「弁護士の報酬に関する規程」に基づき定められています。いくらかかるか不安な方はご参考にしてください。

初期費用(着手金など)は、敗訴した場合のほか、勝訴しても債権を回収できなかった場合には1円も得られずただ支払うだけになるといったリスクがある点に注意が必要です。

相談料

30分5,000円(税抜)又は1時間10,000円(税抜)と設定されている場合がほとんどです。ただし、初回相談は無料の場合があります。

着手金

着手金は、弁護士に事件を依頼したときに支払う費用です。敗訴であっても返還はされません。

報酬金

報酬金は、事件が成功した場合に、成功の度合いに応じて事件終了時に支払う費用です。全面敗訴の場合は発生しません。

実費、日当(訴訟費用)

実費とは、印紙代(手数料)や郵便切手代、記録謄写費用など実際に出費された費用のことです。出張を要する場合は、交通費や宿泊費、日当も負担します。

実際は、実費は、弁護士報酬とは別のものです。(日弁連「アンケート結果にもとづく市民のための弁護士報酬の目安」

手数料

手数料は、当事者間に実質的に争いのない場合に、事務的手続を依頼するときに支払う費用です。契約書等の作成や遺言失効、会社設立、登記・登録の場合に発生します。

法律相談料

法律相談料とは、弁護士に法律相談をしたときにかかる費用です。

顧問料

顧問料とは、弁護士に一定の法律事務を継続的に依頼するため顧問契約を締結したときに発生する費用です。

弁護士報酬規定

日弁連が制定する弁護士報酬規定では、次のような事項が定められています。

基本原則

経済的利益、事案の難易、時間、労力その他の事情に照らして適正かつ妥当なものでなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました